屋根の葺き替え工事の妥当な価格は?知っとくべき5つの基礎知識&カバー工法との違い

屋根葺替え

読むだけで分かる!屋根の葺き替え工事を行う前の基礎知識

読むだけで分かる!屋根の葺き替え工事を行う前の基礎知識屋根から雨漏りや瓦の剥がれ等の異常が確認されたり、築30年近く経つお家などで「屋根の葺き替えリフォーム」を検討されている方も多いのではないでしょうか。
けれども、業者によっては勧めてくる屋根材や工法が違うので、どれが正解なのか分からなくなってしまう事も。
今回の記事ではそういった、現在使用されている屋根材別のリフォーム目安や、屋根の葺き替え工法別のメリットデメリットなどと言った「読むだけで分かるリフォーム前の基礎知識」をまとめています。
こういう情報を参考に、ご自宅の屋根の葺き替え工事を進めて下さいね。

屋根のリフォーム

~目次~

あなたのご自宅はもう屋根の葺き替えが本当に必要?屋根材別に適正年数やタイミングは違う

良くご自宅に突然訪れた営業マン等に、「もう屋根の工事を行わないとまずいですよ」と指摘されてリフォームを検討される方がいます。
もちろん本当に屋根の葺き替え工事などが必要なケースもあるのですが、実際はまだ早かったなんて話も時折有ります。
また、状況によっては屋根材を変えなくても塗装工事で大丈夫な事も。
下記には、屋根材別の葺き替え工事の目安について詳しく解説していますのでご参考ください。

スレート屋根の葺き替え工事を行う年数目安は15~20年

スレート屋根の葺き替え工事を行う年数目安は15~20年一般的なスレート屋根は、耐用年数が15~20年なのでこの程度たった場合には葺き替え工事を行う事がベストです。
15年位の節目に塗装工事を行うと、7~8年寿命を延ばすことができますが何回も塗装工事を行う事は出来ません。
また、スレートは割れや欠けが起きやすい材料であり、地域や材質によっては10年程度で異常をきたすことも。
なので、10年位のタイミングで一度業者等にチェックしてもらうのも良いかも知れません。

金属屋根を葺き替える時の一般的な年数目安は20~30年

金属屋根を葺き替える時の一般的な年数目安は20~30年金属性の屋根材は、何もしないと耐用年数が10年程度。なので基本的には10年前後で塗装のメンテナンスを行うのがベストです。
メンテナンスの頻度により金属屋根の寿命を延ばす事が可能となり、20~30年ほどの寿命とする事が出来ます。
なので、築20~30年のお宅の場合には葺き替えを検討される事も良いでしょう。

瓦屋根を葺き替えする目安は長いけど耐震強度に不安

瓦屋根を葺き替えする目安は長いけど耐震強度に不安表面に光沢がある釉薬瓦の場合、耐用年数は50~60年と言われております。
まや、表面に光沢が無い燻瓦で、40年程と言われております。
瓦の場合瓦自体の耐用年数は長いですが、葺き替えが必要となってしまう原因は下地のルーフィングの劣化による原因が殆どです。
何かしらの原因でルーフィングが劣化してしまい、雨漏り等のトラブルを起こしてしまう事があります。
耐用年数は長いのですが、瓦屋根は重いので耐震強度的に不安が残ります。
不安な方は、耐用年数内で有っても金属屋根などへの葺き替えをおすすめ致します。

屋根の葺き替え工事とカバー工法でのリフォームどちらを選ぶのが良いのか?

屋根工事には、一般的な葺き替え工法とカバー工法の2つの工法があります。
近年ではコストパフォーマンスの高いカバー工法が多く支持されていますが、葺き替え工事にも大きなメリットが有ります。
下記にはそういった、カバー工法(重ね張り)と葺き替え工事それぞれのメリットデメリットについてまとめましたのでご参考ください。

屋根の葺き替え工事を選ぶメリットデメリット

屋根の葺き替え工事を選ぶメリットデメリット既存の屋根材を解体撤去し、新規屋根を葺く工法です。
既存屋根材を全て撤去し新規屋根を葺きますので、屋根自体が新しい屋根になります。
メリットとしては、屋根をそっくり取り替える状態となりますので、屋根が軽くなり耐震性に富んだ建物にする事が出来ます。
既存屋根の解体撤去費用がかかってしまいますので、工事金額はお高くなってしまいます。

屋根をカバー工法(重ね張り)でリフォームするメリットデメリット

屋根をカバー工法(重ね張り)でリフォームするメリットデメリット既存の屋根材はそのままにし、その上から新規屋根を葺く工法です。
既存の屋根を残したままその上から新規屋根を葺きますので、屋根が二重になり若干重たくなってしまうのが難点です。
しかし、既存屋根の解体撤去を行わないので、その分の手間と廃材処分費用が掛からずに済みますので、コストパフォーマンスが高いのが魅力です。
工程が少ない分工期も短くなりますので工期も短くする事が出来、既存屋根を壊さずに葺く工事ですので、季節を問わず工事が可能となります。
また、屋根を重ねて張るので雨漏りの心配が無くなります。
こういう多くのメリットより、近年はカバー工法(重ね張り)が人気の工法となっております。

どの位費用が違うのか?屋根の葺き替えとカバー工法(重ね張り)の価格を比較すると…

どの位費用が違うのか?屋根の葺き替えとカバー工法(重ね張り)の価格を比較すると…先にも触れたように、屋根工事の際にはカバー工法の方が費用はお安く済みます。
実際にどの程度費用は変わってくるのか?下記に価格を比較してみました。

葺き替え工事費用カバー工法の価格
160万~180万前後100万~130万前後

※それぞれ通常の30坪前後のお宅の場合
こういった様に、およそ50万~60万円もの値段が変わってきます。
結構大きい金額が変わってきますので、リフォーム会社としっかり相談しながら屋根の工事は進めて行きましょう。
ケアフルリフォームでは、熟練の職人がお宅の屋根材や状況で一番お得で長持ちするリフォームをご提案しています。
無料で診断&お見積りを行っていますので、いつでもご相談下さい。下記には事例なども掲載しております。

屋根のリフォーム

こういう事を事前に知っておこう!5つの屋根の葺き替え工事の注意点

ここまで読んで頂いて、屋根の葺き替え工事を行うタイミングや、工法別のメリットデメリットはお分かりいただけたと思います。
けれども、屋根工事を行う際にはいくつかの注意点も存在しています。
下記にはそういった、これから屋根の葺き替えやカバー工法で工事を行う時の5つの注意点についてまとめしたのでご参考下さい。

屋根の葺き替えやカバー工法はガルバリウム鋼板などの軽い物を採用しよう

屋根の葺き替えやカバー工法はガルバリウム鋼板などの軽い物を採用しよう屋根の葺き替えを検討する場合は、今の屋根材よりも軽い物を葺く事を検討するようにしましょう。
葺き替えでもカバー工法でも、今の屋根よりも重くなるという事はそれだけ耐震性を失ってしまう事となります。
建物の頭は軽い方が耐震性が高くなるので、なるべく軽い材料を採用する事が望ましいです。
1番のおすすめがガルバリウム鋼板であり、軽くて防音効果もありますので快適になります。

太陽光パネルの屋根の場合には葺き替えよりカバー工法がおすすめ

太陽光パネルの屋根の場合には葺き替えよりカバー工法がおすすめ良くある間違いとしては、太陽光パネルの屋根は葺き替え工事の方が良いと言う所が有りますが、ほとんどの場合にはカバー工法がおすすめです。
というのも、太陽光パネルと言うのは基本的に屋根材自体に打ち付けて設置しています。そうなるとその個所から雨漏りする可能性が有るんです。
けれども、カバー工法の場合に一旦パネルを取り外して穴の開いた屋根の上からかぶせて新しい屋根材を設置します。
また、かぶせた屋根材には太陽光パネルは打ち付けるのではなく、挟み込む形で設置を行うので雨漏りの心配が解消されます。

昔ながらの瓦屋根の場合にはカバー工法は不向きです

昔ながらの瓦屋根の場合にはカバー工法は不向きです瓦屋根は、カバー工法は不向きですのでオススメ出来ません。
瓦屋根の場合凹凸があるので、カバー工法の新規屋根の納まりが良くありません。
不可能ではありませんが、後々トラブルを起こしてしまう可能性がありますのでオススメ出来ません。

中古住宅を購入する時には「屋根工事」が必要になる事を想定しよう

中古住宅を購入する時には「屋根工事」が必要になる事を想定しよう中古住宅を購入の際は、既に屋根材の寿命が発生している事が大半です。
屋根は目に付きにくい部位ですので検討しにくいですが、建物を雨風や紫外線から守るための大事な部位です。
中古住宅の場合、空き家状態が続いているので、建物の劣化が激しく進んでしまいます。
同時に屋根材の劣化も進んでしまい、同じ年数の住み続けている建物の屋根とは比べ物にならない程に劣化してしまいます。
中古住宅購入の際は屋根の葺き替えを必ず行い、万全な状態にするようにしましょう。

屋根工事の悪徳業者に引っかからない為こんな事に気を付けよう!

屋根工事の悪徳業者に引っかからない為こんな事に気を付けよう!屋根は外にある部位ですので、悪質な業者が漬け込んで営業をかけてくることが有ります。
全部では無いですが訪問業者の中には悪徳業者が多いので、下記の事を参考に飛び込み営業のセールスは話半分で聞くようにしてください。

「今すぐ葺き替えないといけない」は信用しない「今すぐ葺き替えないといけない」は信用しない
一刻を争う気持ちを持たせる為に、「今すぐ葺き替えないといけない」という口車に乗せようとしてくる悪徳業者が居ます。
確かに雨漏りを起こしていたり緊急性を問われる屋根もありますが、その心情を煽るようない方は悪徳業者の手口ですので絶対に乗ってはいけません。
気になる場合は、地元の業者に相談をするようにしましょう。

無駄に高価な屋根材を勧めてくる無駄に高価な屋根材を勧めてくる
悪徳業者のよくある話の進め方といえば、無駄に高価な素材を勧めてくる事です。
先にもご紹介した様に、葺き替えで180万前後、カバー工法で130万前後が若干余裕を持った相場です(30坪前後のお宅の場合)。
それよりもかけ離れた金額で提案してくる所は、ちょっと注意した方が無難でしょう。

屋根工事を行う基本的な知識&カバー工法と葺き替えの違いをまとめると…

  • 屋根材別にリフォーム適正年数やタイミングは違う
  • 葺き替え工事のメリットは屋根が軽くなる事
  • カバー工法だと雨漏りの心配なく価格も安い
  • 葺き替えよりカバー工法の方が安い!その差は50~60万前後
  • 太陽光パネルの有るお宅はカバー工法がおすすめ
  • 屋根工事のおすすめ材料はガルバリウム鋼板
  • 中古住宅購入時や訪問販売の業者には注意しよう

こういった様に、屋根の葺き替え工事と言っても色々な注意点や選択肢が存在しています。
こちらを読んで頂ければ基本はお分かりいただけますが、当然この他にもプロ目線での注意点がいくつもございます。
ケアフルリフォームではこういった、屋根の葺き替え工事でみなさんが後悔されない様に、熟練の職人がしっかり現地調査を行った上で正しい施工をご提案しています。
下記には施工事例等も載せていますので、ご確認の上いつでもご相談下さい。
「依頼して本当に良かった」と言って頂ける屋根のリフォームをお約束致します。

屋根のリフォーム

関連記事

  1. 熟練の職人が教える!屋根塗装で選ぶべき塗料など【11の知らないと怖い基礎知識】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP