リクシル「スパージュ」の施工費込みの価格&肩湯などの口コミで評判な機能5つ!

LIXIL「スパージュ」のリフォームでこんな事気になっていませんか?

フォーム業者にリラックスできるバスルームにしたいと言ったら「スパージュ」をおすすめされたんだけど、選んでいいの?
一般的にスパージュでリフォームを行う、工事費込みの価格相場どの位なの?
スパージュでリフォームを考えているんだけど、具体的なメリット・デメリットが知りたい!

こういった事が気になって、色々調べている方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事ではそういった、スパージュでリフォームを行う工事費込みの価格相場や、知っておきたいメリットデメリットを解説しています。

カタログ等を確認するだけでは分からない部分まで、詳しく解説していますのでご参考ください。

スパージュで浴室リフォームする工事費込の価格相場はどの程度なの?

スパージュの工事費込みの価格相場リフォームをする上で一番気になるのが総額費用。どの位の予算を見て置けば良いのか気になりますよね。

リクシル「スパージュ」で浴室リフォームする場合の工事費込みの価格は150~230万円前後が平均的。

LIXILの浴室の中で「スパージュ」は最高級の商品ですし、オプション等を付けますともう少し価格は上がります。

けれども、どんな方でも価格が高いお見積りは敬遠しますが、実はあまりにも安い価格で施工をする業者にも注意が必要なんです。

激安業者は一見よく見えますが必要な工程を無理に省いたり、材料をわざとケチったりすることで低価格を実現しているのです。
また、結局後で高額な追加工事を請求する事も、大手業者であっても少なくありません。

リフォーム紹介サイト加えてネットでよく見る「リフォーム仲介サイト」や「見積もり比較サイト」も、実はあんまりおすすめできません。
こういったサイトはお客さまが支払ったリフォーム代金をピンハネするため、登録業者は当然その分無理な工事をしなくては利益を出せません。

だからこそ、リフォームする時には『自分で気になる会社に直接見積り依頼』する事をお勧め致します。

ケアフルリフォームでは、営業マンでは無くベテラン建築士や職人が、間違いの無いリフォームのご相談に最初から乗っています。
リフォーム業者紹介サイトにも登録していませんので、格安で高品質な施工が売りです。

お見積りは無料ですので、いつでもご相談下さい。
浴室リフォーム

スパージュはどんな所がおすすめなの?5つのリフォームした方から評判の機能

スパージュの施工事例

参照:LIXIL「スパージュ」公式ページ

スパージュはリラックス効果が高く、デザイン性も優秀で人気な高級システムバス。

けれども、他のシステムバスと比べてどんな所が優れているのか?メリットデメリットが気になる所。

下記にはそういった、リクシル「スパージュ」でリフォームを行った方から評判良い5つの特徴についてまとめました。
他との違いを具体的に知りたい方は、ご参考ください。

1.スパージュといえばこれ!肩湯「アクアフィール」が体を効果的に温めてくれる

スパージュの肩湯スパージュの【アクアフィール】の肩湯は厚さ4ミリのベールのようなお湯を肩から浴びることにより、リラックス効果と血行を良くしてくれる機能です。

頸を直接温めるので血流量が増え、お湯で筋肉の緊張をほぐすことにより発痛物質を血液に流すため凝りをしっかりほぐします。

全身浴と比べて湯量が少なく腹部への水圧による負担がない半身浴の良さと、しっかり肩まで使って心地よくリラックスできる全身浴の良さを、半身浴の水位のお湯につかりながら肩湯をすることで同時に味わえるよう設計されています。

ジェットバスα一方、「スパージュ」ならではの【ジェットバスα】はとにかく静かさにこだわった設計。
エアー(気泡)を含まない水流を採用しており、マンションなど防音の点からジェットバスを断念されていた家でも気にせず利用できます。
ジェットバスαの出す音の大きさは従来のものが事務所の中と同じレベルの騒音であるのに対し、ふつうの会話程度のレベル。
ゆったりくつろぎたいときやオーディオビジュアルを楽しみたいときなど、ジェットバスの音がうるさくて使えない!なんてことはありません。

また、水流は【ストレート水流(直線的な水流が疲れのたまりやすい腰や背中をしっかりほぐす)】と【ワイド水流(広がった静かな流れが体を包み込むようにしっかり温め、くつろげる)】の2種類に切り替えが可能です。

2.高級ホテルのお風呂みたいなシャワー「アクアタワー」はお洒落でとっても気持ち良いんです

オーバーヘッドシャワーホテルなどでしか通常味わえないようなオーバーヘッドシャワーを「スパージュ」なら毎日自宅で味わえます。
バスルームという限られた空間の中でシャワーをどれだけ快適に浴びられて美しくレイアウトするかを考え込まれており、機能とデザインが両立しています。

どこを向いていてもしっかりと全身を包み込み、ボリュームのあるお湯の広がりや温かさを感じることができます。

打たせ湯【アクアタワー】にはオーバーヘッドシャワーと打たせ湯の機能があり、ほかにもハンドシャワーや温度調節を本体の各種調節ハンドルで簡単に調節・切り替えが可能です。
吐水口から初期冷水を排水し見るだけで吐水温度を確認できるようになっているので、吐水しはじめのつめた~い水を我慢しなくても大丈夫。
打たせ湯は天井からまっすぐ落ちるお湯の筋を凝った部分に当ててしっかりほぐることができるすぐれもの。
断続的な心地よい刺激を与え、身も心もしっかりほぐれます。

少量の水でもたっぷりとした浴び心地で、いつも通りに使っているだけで節水にもなるエコフルシャワーの技術を応用しています。

3.スパージュは6タイプの浴槽が用意!ライフスタイルに合わせて選べるんです

スパージュの浴槽

浴槽の素材は人工大理石「グランザ」。LIXIL最高級の滑らかさと、奥行きを感じられる透明性の高い上質な深みのある輝きを持っています。
そんな素材を使用した「スパージュ」の浴槽はくつろぎ方や使い方で全く違うタイプのもの、6タイプから選択が可能です。

リクライニング浴槽リクライニング浴槽
やわらかい感触のヘッドレスト、ゆるやかな角度の背もたれ、足を乗せて楽な姿勢になれるベンチがついており、寝るような体勢で浮遊感を感じながらくつろげます。
背の低い方でもベンチを使うことで安定した姿勢が保てます。
もっとゆったりしたい場合は背もたれや座面が広い【リクライニングワイド浴槽】がおすすめ。

ハイバック浴槽ハイバック浴槽
包み込まれるような安心感を生む、曲線で構成されたデザイン。
ヘッドレストに頭をあずけて深くお湯につかったり、体を起こして入浴したりとマルチな入浴の仕方ができるのがポイント。
肩口はゆったりとし、腕を預けられるアームレストと小物が置ける広いフランジのついた【ハイバックワイド浴槽】もあります。

フルワイド浴槽フルワイド浴槽
家族と一緒に入れる角のないまるい形の浴槽で、ベンチが付いています。
お子様やお孫様と一緒に楽しく入浴できるとあって家族が多いご家庭に人気です。

ハイレスト浴槽ハイレスト浴槽
ハイポジションのヘッドレストとのびやかなアームレストで体をしっかり預けてくつろげる浴槽。
肩までしっかりつかれてリラックスできます。

スタンダード浴槽スタンダード浴槽
リフォーム向きの浴槽で、肩まわりゆったり。
限られた浴室空間であっても広さを感じることのできる浴槽です。

マルチボード浴槽マルチボード浴槽
「スパージュ」の浴槽の中で一番底面長さがある浴槽。
ステップもついているため背の低い方も安定して入浴が楽しめます。
ベンチカウンターから動線がつながっており、カウンターから座ったまま浴槽に入ることができます。
座面にはクッションがついていて足湯などで使うときにお尻が痛くなりません。

4.カウンターとしてもベンチとしても使いやすい。ゆっくりお風呂を楽しめます

スパージュのカウンター

「スパージュ」のカウンターはゆったりと座れて自分だけのバスタイムを楽しめます。
打たせ湯の際に腰掛けたり、入浴後のクールダウンに使ったり、腰掛けたままお肌の手入れをしたり…と使い方は色々。
形状が異なる5種類が用意されています。

ベンチカウンター(ストレート)ベンチカウンター(ストレート)
幅広のフランジが特長的で、リクライニング浴槽からそのまま繋がっているような直線基調のベンチカウンターです。
リクライニング浴槽との相性が良いカウンターです。

ベンチカウンター(ラウンド)ベンチカウンター(ラウンド)
バスルーム空間にやわらかい曲線が優雅さと洗練された印象を与えます。
ハイバック浴槽と相性の良いベンチカウンターです。

ベンチカウンター(スリム)ベンチカウンター(スリム)
高い機能性と使い勝手が両立しているスリムな設計。右側へ奥行きを絞り込んだデザインですので、洗い場を広く使えます。

ベンチカウンター(ラウンドスリム)ベンチカウンター(ラウンドスリム)
ラウンドタイプのベンチカウンターの柔らかな印象そのままで便利なカウンター。コンパクトな空間であってもやわらかく、やさしい印象を与えてくれます。

ドレッサーカウンタードレッサーカウンター
CXタイプとBXタイプがあり、CXタイプは端に水栓の操作部を集めており、使いやすさ重視のデザイン。
BXタイプは端の部分に便利な小物置き場を設置。よく使う小物をすっきりまとめ、洗い場を美しく見せます。

5.【B1717サイズ】にすれば、空間のデッドスペースを有効活用して浴室がもっと広くなる!

B1717サイズ「スパージュ」に用意されている【B1717サイズ】にすると壁裏のデッドスペースを利用して、同じ坪面積であってもサイズアップすることができるんです。
【B1717サイズ】へサイズアップすると浴槽(リクライニング浴槽、ハイバック浴槽、マルチボード浴槽)も洗い場も5センチずつ広げることが可能。

【マルチボード浴槽】は元々浴槽の底面長さが業界最大ですが、さらに5センチ大きくすることにより、もっとくつろいだ姿勢で入浴を楽しめるようになります。

このオプションをつければ「スパージュ」がもっと快適になる!人気オプション一覧

「スパージュ」は便利な機能が標準搭載されており、そのままでも充分使い心地の良い浴室です。
ですが、オプションをつけることで更に使いやすく、よりリラックスできる空間へ変えることができます。
こちらでは数あるオプションから特におすすめのものをご紹介します。

アクアシアターアクアシアター
まるでシアターにいるかのような大迫力の画面を毎日楽しめます。
業界最大の32型で、浴室内の突出は17.5ミリと薄型。
バスオーディオと合わせればより臨場感のあるサウンドで映像を味わえます。
ネット接続も可能で、YouTubeやhulu、TSUTAYA TVなど多数のネット配信サイトを浴室で楽しむことができます。

バスオーディオバスオーディオ
普段使用しているスマホや音楽機器をBluetoothで繋ぐだけで、お気に入りの音楽を浴室で楽しめます。
大口径16センチのウーハーユニットをクラリオン(株)と浴室専用にチューニングしており、浴室でも高音質のフルデジタルサウンドを味わえるんです。
デジタル音源をそのままデジタルで再生できるフルデジタルスピーカー採用で、高純度でボリュームのあるサウンドを実現しています。

「スパージュ」でリフォームする時の価格や機能、口コミをまとめると…

スパージュのまとめ

  • 「スパージュ」でリフォームする価格は工事費込みで150~230万円ほど
  • 肩湯やサイレントジェットで全身を温め、凝りをしっかりほぐしてくれる
  • 洗練されたデザインと浴び心地がよく、身も心もほぐれるシャワー
  • 浴槽は6種類から用途や家族構成などで自由に選べ、しっかり体を預けてくつろげる
  • カウンターはベンチにもなるから、じっくりスパの様にお風呂を楽しめる
  • 【B1717サイズ】にすると空間のデッドスペース減らして浴室を広げられる

「スパージュ」はこのようにくつろぎや体のリフレッシュに特化した浴室です。

しかし激安業者やリフォーム紹介サイトの業者などに任せてしまうと、いい加減な工事で時間が経ってから漏水等が発生し、高額の補修や再工事になる事も。

ケアフルリフォームでは、営業マンでは無くベテランの職人や建築士が間違いないリフォームを計画&ご提案しています。
中間マージンを抜く様なリフォーム紹介サイトにも登録していないので、格安で高品質な施工が売りです。
お見積りやCGやVRでのご提案は無料で行っていますので、いつでもご相談下さい。

浴室リフォーム

関連記事

  1. 床のリフォーム

    床のリフォームで失敗しない為の4つの基礎知識&床材別「まともな業者」の工事費用相場!

  2. totoシステムキッチン「ザ・クラッソ」

    TOTO「ザ・クラッソ」のリフォーム総額費用相場&他のキッチンと違う6つのポイント!

  3. 浴室リフォームの平均価格相場&あなた好みのお風呂へ変える正しいバスルームの選び方

  4. lixilアライズのリフォーム事例

    リクシル「アライズ」の他には無い3つのおすすめ機能!プロがリフォームする注意点を解説

  5. 水回りリフォーム

    水回りリフォームの費用相場&プロが教える4つの「失敗しない」事前知識!

  6. クリナップ「セントロ」の他のキッチンに無い10の特徴&リフォーム時の総額価格相場!

  7. 畳のリフォーム

    畳をリフォームする時これだけ知れば大丈夫!おしゃれで失敗無いリフォームにする必要知識

  8. リクシル「サティス」でリフォームする価格目安&5つの工事後に便利と実感する機能!

  9. トイレのリフォーム

    トイレリフォームを行う前に知るべき注意点&4つの正しい便器の選び方!【2019最新版】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料見積はこちら
フルリフォームが286万円~
職人の外壁塗装を確認する
熟練職人の施工例

人気記事

  1. クリナップ「ステディア」
  2. 外壁塗装の基礎知識
  3. TOTO「シンラ」
  4. LIXILの建具「ラシッサ」
  5. totoシステムキッチン「ザ・クラッソ」
PAGE TOP