リクシル「ラフィス」でリフォームする価格相場&他の建具に無い4つの特徴を公開

LIXILの建具「ラフィス」でリフォームする前に知っておきたい事

内装のリフォームを検討してたら、ラフィスを業者にすすめられたけどどんな商品なの?
リクシル「ラフィス」でリフォームする価格相場について知りたい…
リフォームでこの建材を選ぶメリットデメリットって何?

こういう事で、色々検討されている方も多いのでは無いでしょうか。

こちらの記事では、リクシル「ラフィス」でリフォームを行う際のリフォーム費用感や、どんなメリットやデメリットが有るのかをまとめてみました。

ご自宅の内装リフォームを検討されている方は、こちらの記事をご参考ください。

LIXILの「Raffis(ラフィス)」は、工事費込みどの位見込んでおけば良いの?

「ラフィス」の工事費込みの価格っていくらぐらいなの?

「Raffis(ラフィス)」でリフォームする費用はどの位なのか?
大体の目安としては、工事費込みで8万前後~30万円前後。

値段に開きが有るのは、周辺の工事が必要になる事が有るから。

ドアを入れ替えるだけなら8~10万前後で終わりますが、ラフィスはハイドア仕様なのでドア枠を広げる施工が必要になります。
お家によっては色々な工事が必要になるので、こういった費用感を目安にして頂ければと思います。

けれども、気を付けて頂きたいのは激安業者の存在です。
見積り時は安くとも、後で必要以上に高額な追加を要求してきたり。中には手抜き工事で価格を安くしている所も。

そうなると、リフォーム直後は良くても数年後後悔する結果になります。

「厳選したリフォーム業者を紹介する」と言う仲介サイトには注意して下さい!

一度に複数社から見積もりが取れるリフォーム会社紹介サイトや見積もり比較サイトなどに登録している業者は、必ずあなたが業者に支払う工事費から高額な中間マージンを抜きます。

その金額は、リフォーム会社の利益の大半を占める金額。数十万~百万単位になる事もザラです。

ただ問合せを代行するだけですよ?

厳選な審査と言っても、よっぽどな会社(逮捕歴が有るなど)ではない限りクリアする内容です。
当然そうなると、材料をけちったり手抜き工事をしなくては紹介された会社はまともに営業できません。

だからこそ、リフォーム会社を選定するのは『必ず自分で2~3社に見積り依頼』をする事が重要なんです。

ケアフルリフォームでは、見積りの段階から熟練の建築士や現場をよく知る職人が対応しています。
なので、いつまでもおしゃれなお部屋で安心して生活する事が出来ます。

お見積りやプランニングは無料で行っているので、いつでもご相談下さいね。
リフォームの問合せ

LIXILの「Raffis(ラフィス)」でリフォームを行うメリットデメリットは?

LIXILの「Raffis(ラフィス)」でリフォームを行うメリットデメリットは?参考:LIXIL「Raffis(ラフィス)」公式ページ

リフォームを行う前の注意点が分かった所で、次に知っておきたいポイントはラフィスでリフォームするとどんなメリットがあるのか?と言った所。

下記にはそういった、リクシル「ラフィス」でリフォームを行うメリットやデメリットをまとめてみました。

これからラフィスでリフォームを行おうと考えている方は、こちらの記事をご参考ください。

1.洗練されたデザインだから「ラフィス」はお部屋をお洒落に変えてくれる!

洗練されたデザインだから「ラフィス」はお部屋をお洒落に変えてくれる!LIXIL「Raffis(ラフィス)」のキャッチフレーズは、「壁、ときどき、建具」。
まるで壁のように天井まで広がる大きなデザインなので、閉めているときにはお部屋に馴染みます。
そして、ドアを開けたときには、大きな開口部で、これまでにない開放感をもたらしてくれます。

引き戸の場合も、まるで壁の一部が開いたかのような広々した印象。
「ラフィス」は、ドア、引き戸、可動間仕切り、クローゼットドアのラインナップ。
設置場所や、使う目的、動線に合わせて選ぶことができます。

2.種類は豊富!上質な素材感・カラーの7色から、好みに合わせて選べます

上質な素材感・カラーの7色から自由に選べます「ラフィス」は、木目や単色など7つのカラーから選ぶことができます。
触感まで再現した木目調のデザインは、木のぬくもりが感じられるあたたかみのある色でお部屋を柔らかい印象に。
「メープル」「チェリー」「ウォルナット」それぞれの木の美しさが表現されています。
「プレシャスホワイト」「グレー」「ブラック」の落ち着きのある単色は、洗練されたイメージで人気。
特におすすめなのは、今年のミラノサローネ(国際家具見本市)で流行カラーの「グレー」と「ブラック」の2色です。
どちらも、おしゃれな空間になること間違いありません。
なめらかな鏡面仕上げの「ピュアホワイト」も、お部屋を広く明るい美しい印象にしてくれます。

3.ドアの安全性考えてますか?お子さんやお年寄りでも安心な「ソフトクローズ機能」

毎日開け締めするドアの安全性はとっても大切。
特に小さなお子様やお年よりのいるご家庭では、開け閉めのしやすさ+安全性には気をつけたいですね。
「ラフィス」には、そういった安全面での工夫がいろいろと用意されているので安心です。

ソフトクローズ

ソフトクローズ

ドアを閉めるとゆっくり引き込んでピタっと締まります。
手を挟む心配がないので、元気なお子様が勢いよく閉めても安全です。

みえナイゾウドアストッパー

みえナイゾウドアストッパー

床にとりつけたマグネット部品が、ドアをキャッチし、壁や家具に当たるのを防いでくれます。
床もドア側も出っ張りがないので、足を引っ掛けてしまう心配もありません。

Wソフトモーション

閉めるときも開けるときも自動で減速してくれる機能です。
お子様やお年寄りが通るときにも、手を挟んだりする心配がありません。

ブレーキ

閉めるときだけ、ブレーキをかけてくれます。
本体が枠にぶつかる心配がなく、バタンと閉まる衝撃音もありません。

指挟み配慮設計

クローゼットの折れ戸を閉めたときに手などを挟まないよう、扉エッジが斜めにカットされています。

4.ラフィスはこんな所が他のドアよりおしゃれに見える理由なんです!

「ラフィス」は空間になじむ洗練されたデザインの建具。
すっきりとしたデザインを実現するために、細かいところもいろいろな工夫がされているんです。

ライン枠(2方枠)
ライン枠(2方枠)ドア枠をアルミ製にすることで、まるで線のような(見付け6mm)枠を実現しています。
上枠を外した2方枠は、天井との境目がなく空間にすっきりと馴染みます。

採光部
採光部採光部は、フラットな仕上げで「ラフィス」らしい美しさ。
パネル色も本体に馴染む色なので目立たずすっきりです。
また、明かり採りも採光部と同じフラットなデザインになっています。

コンパクトピボット丁番
コンパクトピボット丁番「ラフィス」のデザインの邪魔にならないよう考え抜かれた丁番は、極小サイズ。
色もドアの色に合わせて3色用意されています。

把手・引き手
把手・引き手把手は、台座とレバーが一体化したシャープな形状です。
引き手はシンプルで手のかけやすい形状。どちらも「ラフィス」に馴染む洗練された印象です。

LIXILの「Raffis(ラフィス)」がもっと便利に感じるオプション3つ!

このように、LIXILの新商品「Raffis(ラフィス)」は、洗練されたデザインの建具です。
お部屋の印象をガラリと変えるデザイン性の高さと、安全に配慮した使いやすさが特長です。
ここでは、そんな「ラフィス」をさらにおしゃれにできるオプションを2つご紹介します。

セレクト把手、セレクト引き手
セレクト把手、セレクト引き手「サテンニッケル」や「クローム」など、おしゃれな色の把手です。
好みに合わせてチョイスできます。(+12,000円~)

ブラック枠
ブラック枠壁がダーク色のお部屋により馴染みやすい、ブラック色の枠も選べます。(+5,000円)

チャイルドロック
チャイルドロック小さなお子様やペットのいるご家庭には、ドアの高い位置につけるチャイルドロックが便利です。(+13,000円~)

LIXIL「Raffis(ラフィス)」のおしゃれなデザインの特長とまともなリフォーム金額をまとめると・・・

LIXIL「Raffis(ラフィス)」のおしゃれなデザインの特長とまともなリフォーム金額をまとめると・・・

  • まともなリフォーム金額は8万~30万円くらい
  • 天井の高さまでドアにすると、開けたときの開放感たっぷり
  • 上質な色や素材で作られているから、お部屋がすっきり広々に見える
  • 安全性に配慮した工夫がたくさんあるから安心
  • さらにおしゃれに、便利にできるオプションが用意されている

いかがでしたか? このように、LIXILの「Raffis(ラフィス)」はお部屋の印象を変えられる、洗練されたデザインの新しい建具です。
さらに、安全性への配慮など、見た目だけではなく機能性にも優れています。
そんな「ラティス」でリフォームしたいとお考えの方には、ぜひ気をつけていただきたいことがあります。

それは、リフォーム業者をしっかり見極めること! 高額な中間マージンを抜く「リフォーム業者紹介サービス」や、相場より安すぎる金額を提示してくるような業者には注意される事をお勧め致します。

ケアフルリフォームではお見積り時から営業マンでは無く「ベテラン職人や建築士」がしっかり対応しております。

詳しいお見積りは無料で行っていますので、いつでもご相談下さいね。
リフォームの問合せ

関連記事

  1. LIXILの建具「ラシッサ」

    リクシル「ラシッサ」が建具として優秀な7つの理由&正しい施工業者の選び方!

  2. Lクラスのキッチンリフォーム価格相場(工事費込)&9つの事前に知るべき基礎知識!

  3. 押し入れリフォーム時の秘訣が読むだけで分かる!事例別の予算感&5つの悩まないコツ

  4. クリナップ「セントロ」の他のキッチンに無い10の特徴&リフォーム時の総額価格相場!

  5. キッチンリフォーム前に『正しい業者の選び方&工事費込みのまともな価格相場』を知ろう!

  6. 畳のリフォーム

    畳をリフォームする時これだけ知れば大丈夫!おしゃれで失敗無いリフォームにする必要知識

  7. タカラ「レミュー」のリフォーム総額価格相場&5つの他との違いを解説!

  8. トイレのリフォーム

    トイレリフォームを行う前に知るべき注意点&4つの正しい便器の選び方!【2019最新版】

  9. クリナップ「ステディア」

    クリナップ「ステディア」が人気な5つの理由&キッチンリフォーム時の価格相場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP