Lクラスのキッチンリフォーム価格相場(工事費込)&9つの事前に知るべき基礎知識!

パナソニックのキッチン「Lクラス」の人気の理由や基礎情報知ってます?

パナソニックの「Lクラス」でリフォームすると『何がどう変わる』の?
Lクラスでキッチンリフォームする時のまともな値段ってどの位?
後で「こうしておけば良かった」とならない為の注意点を知りたい!

こういう事が気になって、色々調べている方も多いと思います。

システムキッチンは主婦の皆さんにとっては、家事の作業効率が大きく変わる部位。

だからこそ、リフォーム前にはしっかりと商品の持つ特徴や注意点、そして『まともな工事費込みの価格相場』等を知っておく必要が有ります。

こちらの記事ではそういった、パナソニック「Lクラス」でリフォームする前に知っておくべき最新の基本情報について詳しく解説しています。

実際にLクラスキッチンでリフォームしたらどういう良い事があるのか?詳しく知りたい方はご参考ください。

~目次~

Lクラス(リビングステーション)へキッチン交換する相場は工事費コミで140万~200万円前後!

Lクラスキッチン交換する相場

まず最初に把握しておきたいのが、Lクラスの予算感。

上記に表記した様に、基本的には140万を超える事が多い高級路線のシステムキッチン。(サイズやオプションにより、相場以上の価格になる事も)

一般的にキッチンを新しい物に交換する費用は工事費コミで80万円~120万前後が多いのですが、パナソニック「Lクラス」は同社のリフォムスやラクシーナに比べ、ハイグレードな分高めなシリーズ商品です。

けれども最近では、そんなハイクラスのLクラスでもネットやチラシの広告では激安価格の場合もあります。

けれどもこういう激安業者には注意が必要。

高額な追加費用を言われたり、価格を調整する為にいいかげんな工事をされ、後々水漏れが発生する可能性も。

そうなると、修繕だけでは無く周辺設備の交換等も行わなくてはいけないケースがほとんど。

だからこそ、上記の様な適正な値段相場を知り、まともな価格でしっかりした工事を行ってくれる会社に相談するのがリフォームではとても大事です。

リフォーム会社は自分で必ず選ぼう!一括見積もりサイトや紹介サイトに騙されないで

リフォーム会社は自分で必ず選ぼう上記に挙げた様な、激安なリフォーム会社以外にも、業者選びには色々と注意しなくてはいけない事があります。

その代表的な事としては『必ず見積もり依頼は自分で行う』事。

リフォームの見積もり比較サイト&リフォーム業者紹介サイトのトラブルは、年々増加しています。

結局は、「簡単に見積もりを比較できる」と思って利用しても、高額な中間マージン等を搾取される上、業者との対応は自分で各社と行わなくてはいけません。

ただ問合せを各社に行ってもらうだけで何十万、時には何百万と言う紹介料を、あなたがリフォーム会社に支払うお金から徴収します。

当然、その分手抜き工事や材料を無理に削減される事は良く有る事。

なので、必ず見積もり依頼を行うには「自分が気になる業者に直接連絡する事」が大切です。

ケアフルリフォームでは知識の浅い営業マンでは無く、ベテランの建築士や職人が直接無料でお見積り・ご提案を行っています。
下記には、施工事例や「なんで格安なのに品質が高いのか」も掲載していますので、ご参考ください。

キッチンリフォーム

Lクラスキッチンは料理が楽になると評判!『リフォームした人に人気な8つの機能』

Lクラスキッチンは、リフォームを行った方からなんで人気なのか?

それは、一流メーカー「パナソニック」が使いやすさに細部までこだわった機能と、洗練されたデザインで「キッチンが使いやすくで美しい空間に変わる」のが特徴です。

リフォームをした方の多くが、「お料理や後片付けがとても楽になった」と大好評。

加えて自分に合ったデザインや機能をいろいろプランから選べ、お気に入りのキッチンを作れるのが評判なんです。

下記にはそういった、リフォームした方が「居心地のよい空間で、快適に料理や後片付が出来る様になった」と言われる8つの理由をまとめました。

この商品のカタログやショールームを見るだけでは分からない機能も解説していますので、ご参考ください。

1.キッチンが家族との絆が深まる場所に変わる!「いろりダイニング」

いろりダイニング2017年末に発表された「いろりダイニング」は、みんなで料理をしながら食事もできるプランです。
まさに、昔のいろりを囲んでいたときような、身体も心も温まる食事が楽しめます。
両方向から操作できるIHクッキングヒーターや、3つの方向からアクセスできるシンクは、まさに家の中心とよぶにふさわしいキッチンです。
居心地のよいキッチンで、料理をつくるだけではなく、家族の絆を深める場所に変わると評価が高いんです。

料理教室を開いたり、SNSに載せるときも、おしゃれなキッチンなら印象アップまちがいなしの他には無いプランが用意されています。

2.カウンターは個性を出せるデザインが豊富!中でも「グラリオカウンター」はとってもおしゃれ

グラリオカウンター「Lクラス」のカウンターは素材やサイズが豊富でどれも美しいデザイン。27柄から好みに合わせて選べます。
カウンタートップは、人造大理石とステンレスの2種類から。
特に、天然の雲母を配合した有機ガラス系人造大理石「グラリオカウンター」は、深みと透明感が美しいと人気です。
はっ水はつ油成分配合なので、汚れがつきにくくお手入れも簡単です。
カウンター奥行きサイズは、壁付けプランは650mm。フラット対面、アイランドプランは750mmと933mmから。
高さは、80cm、85cm、90cmが用意されているので、身長に合わせて使いやすいものを選べます。

3.シンクは5種類からお料理スタイルに合わせてチョイス!

Lクラスのシンクは、あなたの料理スタイルに併せて5種類から選べるうれしさ。
下記には、それぞれのシンクのメリットなどをまとめました。

ラウンドアクセスシンク
ラウンドアクセスシンク2017年末に発売された「ラウンドアクセスシンク」は、3方向から作業できるシンク。
傷や汚れに強い有機ガラス系人造大理石が使われています。
家族や友人と集まって料理をするシチュエーションのために考えられた、新しいシンクです。

スキマレスシンク スクエアタイプ
スキマレスシンク スクエアタイプ「スキマレスシンク スクエアタイプ」は、シンク全体だけでなく排水口までもスクエアデザインで、すっきりスマートな印象。
人造大理石でできており、6色から選べます。

PaPaPaシンク
PaPaPaシンク「PaPaPaシンク」(人造大理石)は、奥行きひろびろ。大きな鍋もラクに洗えます。
サイドデッキ部分で汚れやすい下ごしらえをしたり、使い勝手も抜群。色は7色から選べます。

スキマレスシンク ムーブラックタイプ
スキマレスシンク ムーブラックタイプ「スキマレスシンク ムーブラックタイプ」(人造大理石)は、洗剤ラックを自由に動かせるタイプ。
オプションの「スラくるネット」を使えば、シンクも作業スペースにすることができます。
グリーンやパープルなど明るい9色が用意されています。
人造大理石のシンクは、どれもスキマがなくすっきりしたデザインで、お手入れが簡単。
汚れや傷がついても、クリームクレンザーなどで磨いて掃除できるので、いつまでもきれいに使うことができます。

スキマレスシンク ステンレスタイプ
スキマレスシンク ステンレスタイプ「スキマレスシンク ステンレスタイプ」は、「スラくるネット」が付属されているからとても便利。
調理や後片付けなどの作業に合わせて自由に動かすことで、作業効率アップ。
ステンレスならではの輝きは、キッチンをより美しくみせてくれます。
静音タイプだから、会話しながら楽しく作業できます。

4.タッチレスの「スリムセンサー水栓」は汚れた手でも使えて約24%の省エネ効果!

スリムセンサー水栓「スリムセンサー水栓」は、「タッチレス」で賢く節水。
見た目は凹凸や継目の少ないスマートなデザインで、キッチンをすっきりみせます。
使う温度や流量はボタン操作で。レバーがないのでお掃除も簡単です。
シャワーヘッドは引出して使えるので、大きなものを洗う時やお掃除に便利。
節水モードは、業界初の電波センサー搭載で、手や食器をかざしたときだけ水が出るので、こまめに節水できます。
さらに、自動でシャワー流量が小刻みに変化する機能もついており、普段通りの使用でも最大10%の節水が可能です。
通常モードでは、上センサーに手をかざすことで吐水と止水をコントロール。
こちらも一般的な水栓に比べると約24%の節水効果も評価が高いです。
「スリムセンサー水栓」には、浄水器一体型も用意されています。

5.あなたはガス派?IH派?コンロは「マルチワイドIH」と「トリプルワイドガス」が選べます

「Lクラス」の加熱機器は、IHクッキングヒーターとガスコンロから選べます。

ガス派の方でも、IH派の方でもとっても使いやすい物が加熱機器が用意されています。

IH派のあなたにおすすめな「マルチワイドIH」コンロ
マルチワイドIHIH派のあなたには、最新の「マルチワイドIH」がおすすめ。
最大4つの鍋が置けるので、どの料理も出来上がりのアツアツを出すことができます。
中央のヒーターを広げると、オーバル鍋やワイドパンをむらなく加熱できるので、調理の幅がぐっと広がります。
静電タッチ操作パネルは、先進的デザイン。すっきりしたデザインはお手入れも簡単です。
無駄な加熱を見つけて火力を自動コントロールしてくれるエコナビ機能を搭載。
設定温度を保つから、焼き物揚げ物も簡単に美味しく出来上がります。

ガス派のあなたにおすすめな「トリプルワイドガス」コンロ
トリプルワイドガスガスコンロ派の方のおすすめは、コンロを3つ横一列に並べた「トリプルワイドガス」。
同時に3つの調理ができ便利なのはもちろん、2人で並んで調理する場合も使いやすいデザインです。
手間のスペースが広いから、盛り付けもラクラク。
また、フライパンの柄がカウンターから飛び出さないので邪魔になりません。
ON、OFFや温度調節は手元で操作。使わないときはすっきり隠せます。
乾電池ボックスがついているから、停電時にも使えて安心です。
麺茹モードやもっちりご飯モード、炊き込みモードなど便利な新機能も充実。
ガスならではの豪快で美味しい料理が楽しめます。
IHクッキングヒーターもガスコンロも、この他にも豊富な種類が取り揃えられています。

6.「ほっとくリーンフード」にすれば、レンジフードのお掃除がこんなにラクちんに!

ほっとくリーンフード主婦にとってキッチンで最も面倒なお手入れの一つがファン掃除。Lクラスの「ほっとくリーンフード」ならそういう面倒なお手入れから解放されます!
それは勝手にお掃除をしてくれる仕組みになっているから。
電源をオフにすると、自動で残置運転に。その後ゆっくり回転しながら、ファンのオイルを下に集めます。
回転終了間際にファンがトルネード回転し、たまったオイルを吹き飛ばします。
最後に、ラクウォッシュプレートに汚れが集まります。
このラクウォッシュプレートを年1回お手入れすれば、ファンは10年に1度のお手入れでOK。
日々のお手入れは、本体と整流板をさっと拭くだけでキレイが続きます。
さらに、「ほっとくリーンフード」の良さは、静音性。
ファンを天井裏に格納することで、図書館レベルの静かさを実現。会話の邪魔になりません。

7.Lクラスキッチンなら収納上手になれる!奥までしまえる「ワンダFULLキャビネット」

ワンダFULLキャビネットLクラスに用意されているフロアキャビネットは、収納のしやすさや使いやすさを極めたこだわりがたくさん。
奥までしまってもラクに引き出せるから、スペースを無駄なく使えるんです。
衝撃で中身がぶつかり合うことを防ぐために、閉まる数cm前からダンバーが働きゆっくりしまる仕様。
引き出しの底板はステンレス張りで、さっとふきとればきれいになります。
中身に合わせて調整できるアジャストパネルを使って、自由なレイアウトで収納できます。
「Lクラス」はウォールユニットも種類が豊富。
電動昇降ウォールユニットは、ボタンを押すと棚が目線の高さまで降ろせます。
ソフトダウンウォールユニットやフラップアップ収納など、手動で使いやすい高さに持ってくる機能も便利。
全てに耐震ロック機構が標準装備なので、もしものときにも安心です。

8.扉色に用意されているのはなんと100柄!あなただけのキッチンにコーディネイトできるんです!

Lクラスキッチンの扉色「Lクラス」は、アイテムやデザインをいろいろ選べることも人気な理由。
扉は、美しい塗装仕上げや重厚感のある天然木など、家具の様にきれいで多彩なラインナップ。
なんとデザインは16種類100柄から選べるんです。
さらに、デザインの仕上げに欠かせない取っ手は10種類。
スマートなアルミライン取っ手やアンティークな印象のデザインも素敵です。
カウンターやシンクの色を、リビングダイニングの印象やイメージに合わせて選択できるうれしさ。

「Lクラス」にはまだまだ魅力がたくさん。標準装備以外のおすすめオプションを4つ!

こういった様に、Lクラスには非常に沢山の標準機能が用意されています。
けれども、予算に余裕が有る方はオプションを付ける事で、もっとキッチンが便利に生まれ変わるんです。
下記にはそういった、おすすめオプションをまとめましたのでご参考ください。

食器洗い乾燥機
食器洗い乾燥機「フル扉材食器洗い乾燥機」は、Panasonicのキッチンならではの機能充実の食洗器。
キッチンと一体化するデザインで、操作部が上部にあるから全く目立ちません。
エコナビ搭載で省エネ効果も抜群です。
メーカー定価:135,000円~219,000円

カップボード
カップボードキッチンをリフォームするなら、家電や食品、食器を上手に収納できるカップボードも揃えたいものです。
炊飯器などを置くのに適した蒸気対応家電収納棚や、ナノイー搭載食品庫、ごみ箱スペースなど多くの種類があります。

冷蔵庫
冷蔵庫キッチンをさらにおしゃれにみせたいなら、冷蔵庫もコーディネイトできます。
「フルフラットガラスドア冷蔵庫」は345,000円「コーディネイトドア冷蔵庫」は330,000円~440,000円。
コーディネイトドアの扉色は31色から選べます。
エコナビ搭載で「微凍結パーシャル」、「シャキシャキ野菜室」、「ワンダフルオープン」機能を備えています。

LEDライン照明
LEDライン照明幅が広く均一な明るさで、より快適に作業できるLED照明も人気。
スリムなデザインは「Lクラス」のデザインにぴったりの美しさです。
メーカー定価:29,800円~36,400円

サイズもプランに合わせて多数用意!希望のスタイルを選べます

Lクラスのサイズ

Lクラスキッチンは、多くのバリエーションのプランが用意されているのも評価が高い理由。

だから、あなたのイメージやインテリアのレイアウトに併せて選べるんです。

下記にはそういった、プラン別のサイズの一例をまとめました。

リフォームを進める時には業者さんに、この奥行き等の寸法を基に、どういう位置で設置出来るのか等相談してみましょう。

  • Ⅱ型壁付け+セミフロートアイランドプラン:3490mm×650mm
  • U型フラットセミフロートアイランドプラン:2630mm×2270mm
  • 対面プラン(ペニンシュラ):2755mm×940mm
  • アイランドプラン:2590mm×933mm
  • I型壁付けプラン2570mm×650mm

パナソニック「Lクラス」がリフォームで口コミが良い理由や注意点をまとめると…

  • リフォームは工事費コミで140万~200万円位!見積もり依頼は自分で行おう
  • 家族団らんを実現できる様に設計されている
  • カウンターやシンク等、自分のキッチンスタイルや家具に併せて機能を選べる
  • 汚れた手でも使えるタッチレスは水栓は省エネ効果抜群
  • レンジフードは10年間お掃除不要が嬉しい!
  • 収納は容量大きく取り出しやすいから、家事動線がとっても楽

このように、一流生活&家電メーカーPanasonicが手掛ける「Lクラス」は、洗練されたデザインと使いやすさにこだわりたい方向けの、最新機能が人気のキッチンです。

しかし、どんなに良い商品でも設備工事を依頼する業者を間違うと、水漏れや手抜き工事の発覚で大変なトラブルになりがち。
なので、リフォームを行う際にはしっかりした業者選びが大切なんです。

ケアフルリフォームでは知識の浅い営業マンでは無く、ベテランの建築士や職人がお客様のご予算・ご希望に応じて無料でお見積りを行っています。(お風呂や洗面、トイレや外壁等お家の事なら何でも専門家がご対応する方針です)

下記には、施工事例や「なんで格安なのに品質が高いのか」も掲載していますので、ご参考ください。

「相談して良かった」と必ず言って頂けるご提案・施工・サービスをお約束致します。

キッチンリフォーム

関連記事

  1. 防音工事リフォームで行う平均費用相場&防音レベルに応じた正しい工事内容を知ろう!

  2. 水回りリフォーム

    水回りリフォームの費用相場&プロが教える4つの「失敗しない」事前知識!

  3. LIXILの建具「ラシッサ」

    リクシル「ラシッサ」が建具として優秀な7つの理由&正しい施工業者の選び方!

  4. トイレのリフォーム

    トイレリフォームを行う前に知るべき注意点&4つの正しい便器の選び方!【2019最新版】

  5. リクシル「ラフィス」でリフォームする価格相場&他の建具に無い4つの特徴を公開

  6. クリナップラクエラでキッチンがどう変わる?6つの目玉機能や費用などの知るべき基礎知識!

  7. スケルトンリフォーム

    スケルトンで中古物件をリフォームする工事費用&5つの本当に必要か確認するポイント!

  8. 床のリフォーム

    床のリフォームで失敗しない為の4つの基礎知識&床材別「まともな業者」の工事費用相場!

  9. タカラスタンダード「ファミール」

    タカラ「ファミーユ」でリフォームする総額価格相場&4つの口コミで人気な特徴!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP