レンジフード(換気扇)のリフォーム検討時に役立つ7つの基礎知識&平均費用の相場感!

レンジフード

キッチンのレンジフードをリフォームする時の大事なポイントご存知ですか?

交換が必要なレンジフードキッチンの換気扇の動きがちょっと調子悪い…。
レンジフードの掃除が大変でもっと簡単にキレイになる物に変えたい…。
キッチンリフォームをするなら、レンジフードも使いやすい物を選びたい!

こういった事でリフォームを検討されている方が多いと思います。
けれども意外とこのレンジフードは奥が深く、リフォームを行った後で「こうしておけば良かった」と後悔するケースも少なくありません。
今回の記事ではそういったキッチンのレンジフードの種類や費用など、リフォームを行う時の最低限抑えておきたい知識について解説しています。
読むだけでリフォームで失敗しない為のポイントが分かる様になっていますので、ご参考ください。

キッチンリフォーム

リフォーム前に知ろう!一般的なレンジフードのファンの種類はこの3つ!

まずキッチンのレンジフードのリフォームを行う際に抑えておきたいのが、レンジフードの形や種類はどういうパターンが有るのかと言った所です。
それぞれの種類別の特徴を知ってから、ご自宅にはどういう形が一番最適なのかを選定される事をおすすめ致します。
レンジフードにはどのような種類があるのか、まずは一般的なファン3種類とそれぞれの特徴をご紹介致します。

昔ながらのキッチン換気扇「プロペラファン」の特徴

プロペラファン壁付けの換気扇であり、四方に枠があり真ん中にプロペラがあるタイプです。
また、ブーツタイプのレンジフードの中にも、プロペラファンの場合があります。
昔ながらのプロペラでくるくる回るタイプであり、1番安価なファンとなります。
一昔前には非常に多かったファンタイプですが、近年システムキッチンが主流になってからは、プロペラファンの人気は失速してしまいました。

油汚れに強くコスパが高い!シロッコファンの特徴

シロッコファンレンジフード型の中に入っているファンの名称であり、現在流通しているシステムキッチンのレンジフードの多くに採用されているファンです。
ダクトを経由させる事により、煙を直接吸い込む様に設置が可能なので集煙効果が高いレンジフードです。
お掃除する手間もプロペラファンよりも格段に向上しており、コストパフォーマンスが高く現在最も選ばれているレンジフードがシロッコファンです。

レンジフードの最高級品「ターボファン」シロッコファンとの違いは?

ターボファン排気の効率が1番良い換気タイプであり、高価なレンジフードに取り付いているのがターボファンです。
排気のパワーは強くとても頼もしい半面、物によっては音も大きくなってしまう事も。(シロッコファンと同じ集煙レベルの物ならターボファンの方が静かです)
住宅用より、業務用に採用される事が多くあるファンです。
リビングとキッチンが繋がっていて、どうしても油っぽい臭いをリビングに広めたくないと言う方にお勧めです。

これらの3つのファンの中でオススメなのが、シロッコファンす。
ターボファンの方が効率が良いですが、音が大きく高価ですのでお求めにくい傾向があります。

レンジフードは見た目も大事!どういう形状の物があるのか把握しよう

機能面以外にも、見た目等の形状がどんなパターンが有るのか等も知っておきたいポイントです。
下記にはそういった、基本的なレンジフードの形状をまとめて掲載していますのでご参考ください。

換気扇型
換気扇型壁付けの換気扇型であり、流し台のコンロの上に取り付けるタイプとなります。
四方枠となっており、中に換気扇のプロペラのような物が付いているタイプです。
昔の台所に、よくあったタイプです。

スリム型フード
スリム型フード各キッチンメーカーで主流となっているフードであり、見た目がスッキリしておりお掃除がしやすいのが最大のメリットです。
一般的な普及品のシステムキッチンには、スリム型のフードが付いてくる場合がほとんどです。

ファルコン型
レンジフードの仲がカーブを描いたような曲線状となっており、IHクッキングヒーターと相性が良いフードです。
曲線方になっている事で手が届きやすく、お掃除等のお手入れがしやすいのがメリットです。

フラット型
フラット型全体がフラットな形となっており、コンパクトで薄型であるために天井の高さが低いキッチンにも採用しやすいフードです。

ブーツ型
ブーツ型一昔前に流行ったフードの形であり、中身がプロペラファンですのでお安く購入できるのが大きなメリットです。
フードのお掃除が多少面倒であり、清潔に保ちにくいデメリットもあります。

レンジフードでおすすめなのはクリナップ「洗エール」!面倒な掃除がワンタッチで完了

おすすめレンジフード洗エール機能面やデザインを踏まえて、最もおすすめなのはクリナップのレンジフード「洗エール」です。
その理由は何と言ってもメンテナンスがとても楽だから。
お湯をセットしてワンタッチするだけで、面倒なレンジフードの汚れをしっかり洗浄してくれます。
自動洗浄が終わったら汚れを含んだ水を廃棄するだけ。
清潔で吸煙能力を簡単なメンテナンスで保つ事が可能です。


抑えておきたい!レンジフードを交換する4つの注意点や秘訣

レンジフードの種類や形状はもう理解されたと思いますが、実際にリフォームする前に知っておいて欲しい注意点がいくつかあります。
下記にはそんな、意外と皆さんが知らないレンジフードのリフォームを実行する時の必要知識をまとめています。
交換するタイミングや機種選びの基準等、役立つ知識ばかりなのでご参考くださいね。

どのタイミングでレンジフードはリフォームすべき?15年前後が交換の目安

レンジフードの交換目安自宅のレンジフードを、リフォームする時期やタイミングはいつがベストなのか?まだ早いんじゃないの?
一般的には、レンジフードの交換は15年前後が交換の目安です。
もちろんこまめにメンテナンスを行っていれば長持ちしますが、古いレンジフードの場合部品が廃盤になってしまう事も。
けれども、お手入れの状況などにより異音や吸煙機能が充分で無くなる事も。
そうなるとレンジフードとしての機能を果たさなくなってしまうので、時期は後回しにしてリフォームを行う事をおすすめ致します。

ガスコンロと連動する賢いレンジフードも!消し忘れ無くて経済的

ガスコンロと連動するレンジフードレンジフードには、ガスコンロとの連動機能を選ぶ事が出来るオプション付きの物があります。
コンロを点火する事でレンジフードが連動し、自動的にONとなります。コンロを消火するとしばらく経ってから停止します。
また、コンロ操作ボタンをOFFにしない場合でも、自動停止するので消し忘れも心配ありません。
レンジフードの付け忘れや消す忘れを解消出来ますので、大変便利な機能となります。
メーカーによってはオプションが無い場合もございますので、事前にご相談される事をおすすめ致します。

自動洗浄機能が付いていないレンジフードは「ノンフィルタータイプ」がお手入れらくちん!

ノンフィルタータイプのレンジフードレンジフードといえば、フィルターのお掃除が一番厄介な部分。
なので、自動洗浄機能付きの物を選ぶかノンフィルタータイプのレンジフードを選ぶとお手入れが楽ちんです。
従来のレンジフードの中にあったフィルターを無くし、面倒なフィルターのお掃除をする必要が無い便利なレンジフードタイプです。
中には、フィルターが無いと汚れをキャッチできず良くないのではないか、と思われる方も居ると思います。
ノンフィルタータイプはシロッコファンで汚れをキャッチして遠心力で分離させ、オイルトレーに溜める事でフィルター無しでもしっかりと油汚れをキャッチする事が可能です。
汚れの取りやすさも簡単であり、メンテナンスがしやすい大変快適なレンジフードです。

結局の所レンジフード選びで迷ったらショールームへリフォーム業者と行こう!

キッチンメーカーのショールームレンジフードの形態は、言葉で説明しても中々わかりにくい部分も有るかも知れません。
理想のレンジフードのリフォームとしたいけれど形や機能がわかりにくいという方は、ショールームでの見学をオススメします。
各メーカーのショールームでは、様々なレンジフードが展示しております。
レンジフードの詳細はスタッフさんが細かく教えて下さいますので、実物を見ながら細かい部分までしっかり把握する事が可能です。
ただ、その際には出来れば施工を依頼したいリフォーム業者さんに同行してもらうのがベストです。
第三者的な目線で各メーカーの良い所や、あなたの希望にマッチする物を教えてくれるハズですよ。

新しいレンジフードへリフォームする価格相場を知ろう!一般的な物と高機能の値段を比べると…

レンジフードのリフォーム相場一般的なシンプルなレンジフードの場合、10万円前後の取り換え費用の相場です。
最新型のノンフィルタータイプ等のレンジフードは、20~25万円前後の予算を見込んでおきたい所。
レンジフードの機能や大きさにより価格には大きな差があり、取り付け費用にも大きな差が発生します。
普及品と機能性の高いレンジフードとは価格の差がありますが、後々手間や省エネ効果を考えると良い物を選ぶのが大切です。
レンジフードのリフォームは、半日ほどで済みます。もちろん、住みながらのリフォームが可能な部位です。
既存レンジフード撤去時と新規レンジフードの取付け時に多少の電動ドリルの音が発生する程度で、気にするほどの大きな騒音は発生しません。

レンジフードを入れ替える際の必要知識や工事費込みの費用をまとめると…

  • ファンの種類はプロペラ・シロッコ・ターボの三種類!
  • シロッコファンが今は最も多く選ばれている
  • ファンの形状は大きく分けて5種類!好みのタイプを選ぼう
  • おすすめなのはクリナップ「洗エール」お掃除がとっても楽
  • 15年前後が一般的な交換の目安
  • ガスコンロと連動すると消し忘れ無くて経済的
  • 自動洗浄機能がいらない方はノンフィルタータイプがおすすめ
  • 迷ったらショールームへリフォーム業者と行こう
  • 普及品なら10万前後、良い物は25万前後で交換が可能

こういった様に、レンジフードの入れ替えを行う際には様々な知っておきたい知識が有ります。
必要なポイントを押さえて、失敗しないリフォームをされてくださいね。
ケアフルリフォームではベテラン建築士や熟練職人が、あなたのご要望や予算に合ったリフォームをしっかりご提案しております。
ご予算やご希望に応じて最後までお付き合いしますので、リフォームをご検討されている方は一度ご相談下さい。

キッチンリフォーム

関連記事

  1. タカラスタンダード「ファミール」

    タカラ「ファミーユ」でリフォームする総額価格相場&4つの口コミで人気な特徴!

  2. リクシル「リシェルSI」のリフォーム見積り適正価格&6つの口コミで人気な目玉機能

  3. クリナップ「セントロ」の他のキッチンに無い10の特徴&リフォーム時の総額価格相場!

  4. TOTOの洗面台オクターブ

    TOTOオクターブを洗面台に選ぶと得られる7つのメリット&リフォームの総額費用相場!

  5. クリナップラクエラでキッチンがどう変わる?6つの目玉機能や費用などの知るべき基礎知識!

  6. トイレのリフォーム

    トイレリフォームを行う前に知るべき注意点&4つの正しい便器の選び方!【2019最新版】

  7. スケルトンリフォーム

    スケルトンで中古物件をリフォームする工事費用&5つの本当に必要か確認するポイント!

  8. 千葉で中古戸建てを買ってリノベーションする方必見!『5つの失敗しない為の基礎知識』

  9. キッチンリフォーム前に『正しい業者の選び方&工事費込みのまともな価格相場』を知ろう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP